基礎知識

アンダーヘアってどうやって処理してる?自宅で処理するベストな方法とは

大手脱毛サロン「ミュゼプラチナム」が実施したアンケート調査によると、半数近くの方がアンダーヘアを処理しているという解答が得られました。

しかし、自分で処理している女性に本音を聞くと「アンダーヘアを毎日処理するのって面倒。」「ビキニラインを剃ったら赤くブツブツになる。」「剃ってるせいかアソコの黒ずみが気になる。」などなど、デリケートゾーンのムダ毛処理って悩みが耐えません。

だからといってアンダーヘアの処理を怠るとパンツから毛がはみ出して恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないですし…。しっかりとムダ毛は処理し続けたい。

そこで今回は、自分でアンダーヘアを処理する方法で一番良いのはどれか、メリットでやデメリットを比較しながら紹介していきます。

デリケートゾーンのムダ毛処理の注意点や失敗談についても調査したので、ムダ毛が気になる女性は必見ですよ!

アンダーヘアを自分で処理するメリットとリスク

まずは自分で処理するメリットとリスクから見ていきましょう。

メリット
  • 誰にも見られないから恥ずかしくない
  • 自分の好きなタイミングで処理できる
  • お金がかからない
リスク
  • 毛のう炎や埋没毛になる
  • 毛穴が赤くポツポツして見た目がよくない
  • カミソリ負けして肌があれる
このようなリスクもありますから、自分での処理も慎重にしなければいけません。

アンダーヘアの処理方法4選!効果やコスパで徹底比較

カミソリやシェーバーを使った「シェービング」

シェービング
+ 続きを読む

塗って待ってサッとひと拭き「除毛クリーム」

除毛クリーム
+ 続きを読む

専用の脱毛ワックスを使う「ブラジリアンワックス脱毛」

ワックス脱毛
+ 続きを読む

エステと同じ仕組みで処理できる「家庭用脱毛器」

家庭用脱毛器
+ 続きを読む

自分で処理するならコスパ的にもシェービングがオススメ!

4つの自己処理方法を比べてみましたが、なんだかなで一番おすすめなのは専用のカミソリやシェーバーを使った「シェービング」です。

ワックス脱毛は痛みやリスクが高く、脱毛クリームと家庭用脱毛器はアンダーヘアには向いていません。

使ってしまうとトラブルに発展することも…。黒ずみやすい部位なので、自己判断で照射すると火傷や肌荒れが発生します。

家庭用脱毛器はそもそもVIOへの使用をしていないので、細かい部位への照射はとても大変です。

脱毛を考えるなら、確かな技術と安全性があるサロンやクリニックでプロにしてもらってください。

https://www.datumou-taiken-report.com/vio-salon/

「コスト」「安全性」「手軽さ」で考えるなら断然シェービング!デメリットもありますが、肌への負担は前後のケアで十分に軽減できます。

便利で使いやすい!自宅でアンダーヘアを処理するときに使えるおすすめアイテム

①ラブジョリー(スキカッター)

ラブジョリー(スキカッター)

Amazon.co.jp: ラブ・ジョリー: ビューティー

アンダーヘアをすくことで、手軽に毛の量を減らせる商品です。ボーボーな剛毛を自然にボリュームダウン。毛先をやわらかく削ぐので、下着からチクチクのムダ毛が飛び出すこともなくなります。

刃が直接肌に当たらないので、肌荒れの心配はナシ!コンパクトなボディは、持ち運びにももってこいです。

チクチクしなくて気に入っています。
不器用でもガードがついているので怪我することはよっぽどないかと。

Amazon

② Iラインシェーバー

Iラインシェーバー

ラヴィア iラインシェーバー | Ravia
https://ravia.jp/products/iline-shaver/

小型で使いやすいアンダーヘア専用のシェーバーです。T字のヘッドが複雑な部分にフィットし、見えない部分でも安全に処理!防水仕様なので、毛の処理が楽なバスルームでも使えます。

また、毛深い人にうれしい専用刃がついており、太い毛でも楽にそれちゃう。細かい動きが可能なので、自由にデザインできるのがうれしいですね。

③アンダースタイルガイド

アンダースタイルガイド

アンダー スタイルガイド | Ravia
https://ravia.jp/products/under-styleguide/

「形をキレイに整えたい」そんな人におすすめなのが、このアンダースタイルガイド。上から押さえる必要がなく、当てて剃るだけなので失敗知らずです。

「ナチュラル」「スクウェア」「ハート」「トライアングル」の4種類を用意。1枚のシートには4つの形に変形するので、サロン並みのオシャレを楽しめます。

④ヒートカッター(トリマー)

ヒートカッター(トリマー)

Amazon | audorx Vライントリマー Vラインヒートカッター 除毛 脱毛 ムダ毛処理 アンダーヘア用 RH-1801 | audorx | シェーバー

はみ出したり突き出したりするムダ毛を、熱でカット。剃った時と違って先端が丸くなるので、イヤなチクチク感を感じません。数本を一緒に使えるのでお手入れが楽に。

ペンのように細くて小さいので、ポーチにもコッソリ忍ばせておけます。

アンダーヘアを安全に処理するため!正しい流れと注意ポイント

清潔な状態で処理しよう

アンダーヘアは汗や排泄物で汚れている状態です。お風呂の後や軽く洗った後など、キレイな状態で処理しましょう。バスタイムの後は毛がやわらかくなっているので、毛深い方でも剃るのが楽です。レンジでチンした蒸しタオルをあててから処理するのもおすすめですよ。

お肌のコンディションをチェック

生理前後や体調が悪い時は肌がとても敏感です。肌トラブルのリスクが高くなるので、なるべく避けるように。数日まえから肌を保湿して整えておきましょう。もちろん、肌荒れや乾燥肌が気になる時もNGです。

保湿クリームでお肌をケア

自己処理をした後の肌は敏感なので、しっかりと保湿しましょう。なるべく肌に優しい保湿クリームを選ぶこと。無添加で敏感肌用の商品がベストです。また、肌トラブルのもとになるので、処理後の激しい運動や飲酒は避けてください。エステや海水浴など、刺激になる行動は2~3日ほど控えましょう。

失敗談に学ぶ!アンダーヘアを自分で処理している人の声

(20代・Aさん)
(20代・Aさん)
カミソリで何度も処理しても生えてくるので、もううんざりです。面倒くさくなって少し放置したら、Tバックからチョロリ。ものすごく恥ずかしい思いをしました。
(30代・Tさん)
(30代・Tさん)
自己処理の負担や手間を減らしたいなら、専用の商品を使いましょう。シェーバーを使えば、かかる時間を短縮できますよ。こまめに自己処理をしても、手間はあまりかかりません。

毛穴が目立たなくなるのでワックス脱毛をしていましたが、ベリッと剥がすととにかく痛いです。肌が赤くなるし、埋没毛になってしまったので、使用を断念する羽目になりました。
痛みが少ない自己処理方法に変更しましょう。肌へのダメージも深刻なので、ワックス脱毛を続けるのはNGです。シェービングなら痛みはほとんどありません。

(10代・Yさん)
(10代・Yさん)
毛深い上に肌があまり強くないので、シェービングで肌が荒れてしまいます。保湿はしているのですが、あまり効果なし…。ヒリヒリと赤くなるので、自己処理がなかなかできません。
3日ほど前からしっかり保湿すれば、肌の調子が整って肌荒れがしにくくなります。それでも荒れるようなら、肌に触れないカットタイプの商品がおすすめです。

(30代・Rさん)
(30代・Rさん)
カミソリでアンダーヘアを処理していたら少し切ってしまいました。肛門周りとIラインは見えにくくてすごく剃りにくいです。ムダ毛が残るとTバックもはけないし困っています。
見えない部分のケアには鏡を使用すると安心です。下に置く用の大きめの鏡と小さな手鏡の2つを用意すれば、細かい部分もしっかり見えます。もちろん、慎重に剃るようにすることも大事です。

何度も自己処理をくり返しているせいか、黒ずみが出来てしまいました。彼氏に指摘されてショック…。保湿はちゃんとしているのですが、治る気配はありません。
黒ずみ対策クリームを使うようにすれば、少しづつ薄くなっていきます。予防としても有効なので、自己処理をした後に塗るようにしてください。

お金に余裕があるなら早めにVIO脱毛をしよう

色々な方法がありますが、自己処理による肌へのダメージは避けられません。

1回や2回ならまだしも、何度も処理をすると肌は次第に傷んでいきます。乾燥肌や黒ずみのリスクは高い。生えてくるムダ毛とイタチごっこなので、時間も無駄になります。

根本から毛深いアンダーヘアを改善したいなら、やっぱり脱毛が一番です。

自然に毛が減りますし、キレイに整えることも可能。自己処理の負担がほとんどなくなるので、肌を守ることにもつながります。

料金はかかるものの、自己処理によるランニングコストや時間を考えるなら、脱毛のほうがお得です。すぐにでもVIOを脱毛すればそれだけ早く終わりますし、自己処理による肌ダメージも最小限になります。

お金に余裕があるなら断然脱毛!月額制で無理なく通えるサロンやクリニックもあるので、ぜひ1度カウンセリングを受けてくださいね。

アンダーヘアの自己処理は正しい方法で

アンダーヘアの処理は肌へのいたわりが何よりも重要です。自分でするなら正しい方法で。優しくシェービングをした後は、しっかりと保湿してください。

また、お金に余裕があるようなら、脱毛を検討しましょう。自己処理なしでも、見た目がキレイなアンダーヘアが手に入ります。